制作案内

〈制作内容のご案内ページです〉


制作案内


どのような事をお望みですか。

 

 

音源制作(レコーディング)

最新の機材と経験豊富なエンジニアが、最高レベルの収録をいたします。
音楽以外の事でも、ご相談ください。(アナウンスMC、効果音制作)
録音は、大きく、ライブ録音と、セッション録音に分かれます。

※ライブ録音とは、お客様が入った演奏会を録音いたします。
※セッション録音とは、録音のためにホールやスタジオを借り切って収録する事を言います。

 

◎ライブ録音費用
エンジニア1人で、全て出来る程度の録音の場合(機材一式持込)
60,000円〜
(リサイタル等、オーケストラも録音できます。)
ホールでの録音とは一味違います。

 

◎セッション録音費用
エンジニア、アシスタント、の通常2人(機材一式持込)
100,000円から(内容により変動いたします)
他にホール、スタジオ費用等付帯費用が掛かります。

 

◎マスターリング(編集)の重要性
CDの音をより良くするため、録音もさることながら、マスターリングにより、大きく変わります。状態のあまり良くない音源でも、マスターリングにより見違えるようになることもあります。おまかせでも、納得のいくよう立会いでも出来ます。弊社では、一流メーカーも使用しているデジタル編集機を使用しております。

※マスターリングとは、音の切り貼りの狭義の編集を含め、音質や、残響、ダイナミックレンジ調整、雑音除去等、音のトータルのバランスを調整をすることを言います。一番音楽性を問われるところです。技術だけでなく、音楽が判らなければベストのマスターリングはできません。

 

CD制作

音源をどういたしますか。
1.録音から依頼する。
2.手持ちの音源を使用する。
(よほど特殊なもの意外何でも結構です。)

 

枚数は何枚位お作りになりますか。
1.1枚〜100枚位 ライトワンスCDがお得です。
2.100枚以上 プレスCDが有利です。

※ライトワンスCDとは、1枚から手軽に作れるCDです。
 通常盤面印刷は、インクジェットプリンターによります。(但し水濡れに弱い)
 カラーレーザープリント、シルク印刷もできます。(少部数の場合は割高になります)
※プレスCDとは、プレス型を作って、工場で大量生産をするものです。
 市販CDと同等のものです。(弊社は国内一流メーカープレスです)
 盤面はシルク印刷になります。

 

印刷物はいかがいたしますか。
価格の幅が一番出るところです。
1.ご自分で用意する。又は必要無い。
2.なるべく費用をかけないようにしたい。
3.本格的な印刷物を作りたい。

(記載したい文章や写真はどの位ありますか)
ジェットインクプリンター又はレーザープリンターによる、簡易印刷から、4色オフセット印刷まで、多様にありますので、内容、ご予算に合わせて選べます。原稿や、写真、簡単なスケッチをご用意いただければ、全てこちらで、デザインさせていただきます。お知り合いのデザイナーに依頼して、完全版下をお持ちいただいても結構です。その場合、デザイナーとの事前の打ち合わせを必要といたします。
印刷物完成品をご支給いただいても、結構です。

 

◎※CDジャケット 各部名称

フロントカード Pケース表に挿入する冊子。中綴じの場合4ページ単位で増やせます。
インレイ
(バックカード)
Pケースの裏、通常収録曲目など記載されているところ。
オビ
(タスキ)
市販CD等ケース左側にあって、キャッチ(人の注意をひく宣伝文句)等を記載する。
プライベートCDの時は無い場合が多いです。
包装 ・キャラメル包装(市販CDはこれです)
・ワンタッチ袋(主に小部数制作の場合のり付きの何度でも開閉できる透明袋)
ケース Pケース…一枚入り・二枚入り他各種ございます。お問い合わせください。

 

コピー作業

オープンテープ、カセットテープやアナログレコード等から、DATテープ、CDにコピーいたします。又は、同一のものを数量に関わらず製作いたします。
(古いオープンテープなどは、作業時間が多くなり編集と同じくらい費用が掛かる場合があります)
(原盤著作権が当事者に帰属している場合に限ります)

 

ビデオ制作

普通のビテオ会社とは、ここが違います。
音楽に合った画作りをいたします。
音は全てステレオHiFi(高音質)です。
リサイタル等の1カメラの収録は格安でできます。
(c)copyright2002 NAVI, All rights reserved